フライフィッシング “flytying”《VARIVAS #2 クイルボディーパラシュート》

エルクヘアーカディスと並び視認性は抜群のフライ 毛鉤釣りを始めた頃から現在でも釣り上がりの時やイブニングには出番は多い クイルボディは若干耐久性に難があるがボディを巻く前に瞬間接着剤を塗布するか巻いた後にコーティングするかである程度解消できる ふんわりそーっと水面に落とす事をお勧めします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。